忍者ブログ
ANCHOR RHM9 バナナ号が愛車。ホノルルセンチュリーライドを走りたいなぁ~。来年は行くぞ!
[1] [2
Posted by - 2017.03.28,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by IGA - 2007.12.09,Sun

はけに沿った走行ルートで武蔵野ならではの趣を楽しみながら行くのは今回の339武蔵野ポタ。

朝7時に錦糸町から、やすきちさん、しんさん、荒川マドンさん、akioさん、airu72さんと出発。
いつもの定位置、やすきちさんが引きます(といっても一般道、ドラフティングは無しよ)、で私は最後尾。
途中で走っている皆んなを撮影しようとデジカメを取り出すが作動せず・・・???
やってもうた・・・電池入ってないし(ーー;)。

あの~、私、カメラ屋なんですが・・・何か?

ポタなので寒くならないように完璧冬装備で出かけたら、汗だく・・・うーん、冬装備は難しい。

小金井公園の江戸東京たてもの園前に三々五々集まる、集まる!
はる@さん、ちょろひげさん、mieさん、NI:SHIさん、ともにさん、akiさん、agさん、sadaさん、COXBOXさん、まーさん・・・あら?
うぃるぱぱさんとサクラママさんは???

はい、第一目的地:Oven mittenに来るそうです。


このOven mitten、雰囲気が最高に良いです。
他のお客さんに、我々がワイワイやってきて申し訳ないくらい、凛とした趣のある佇まいです。
ここでシュークリーム&コーヒーで小休止。

最近、減量に励んでいるため甘いもの好きにもかかわらず、口にしないようにしていました。
このシュークリームの美味いことといったら、口にした瞬間、胃に一気に血液が集まる感じで貧血を起こしたようにクラクラ。
濃厚ですが、その風味と味わいは実に上品。
良いもの、いただきました・・・かえすがえすも、デジカメが使えないのが残念で仕方がない・・・。

ここから、“はけの小径”を抜け、野川沿いを進む。
まーさんはここでご家族の元へ帰還です。

武蔵野公園、野川公園を行く。
晩秋の雰囲気を残す武蔵野の風情を堪能です。
落ち葉の美しいこと・・・デジカメ~!(って、このくらいにしておきます)

第二目的地:御狩野
こちらで蕎麦をいただきます。
ガッツリ系ではなく、こちらも上品な量と質。
てんぷらも食ってなかったもんなぁ・・・美味かったぁ~(笑)。

ここでは今までお会いしたことのなかったうーママさん&娘さんに会えたのが収穫かな。
はつらつとした美人さんでビックリです。
娘さんは・・・ちょろひげさんが気になってたかな(笑)?
オートバイで突如登場のmooさん、おっと挨拶できなかったです・・・申し訳ない。
あと、あと・・・あーん、ごめんなさい、分からない・・・次回以降、ご挨拶ということで(^^ゞ。

外に出ると、来ました、cue隊長ご一行様(隊長・kantaさん・れあのすけさん)。
隊長にご挨拶。

下町にはtackie師匠がいますが、雰囲気似てますね。
師匠との違いは・・・師匠は誰とでもよくしゃべりますが、隊長は寡黙です(馴染むと違うのかな?)。
ただどちらもオーラ出てます。

カッコいいなぁ!

武蔵野の森公園では隣接した調布飛行場が間近に見れます。
味の素スタジアムで記念撮影の後、東京競馬場脇を走行、大国魂神社へ。
そこのご神木は神々しさにあふれているもののひっそりと佇んでおりました。

最終目的地:cafe Cima Coppi
その名が示す通り、サイクリスト御用達のカフェ。
立川で一番高いところにあるのか?と思いきや、平坦なところにありました(笑)。

帰りは日が暮れながらも無事帰り着きました。
充実のポタ企画でした。

ロケハンも含め大変だったろうと思います。
339の皆さん、ありがとうございましたm(__)m。

本日の走行距離:95.0km
本日の体重:68.8kg

PR
Posted by IGA - 2007.11.17,Sat

自走で、しかも折りたたみ自転車だったので遅い遅い・・・2時間かけて3時に到着。

07117_1.jpg

サクラママさん御一行様(サクラママさん、airu72さん、はやぽんぱぱさん)と合流し、いざ会場へ。

とりあえずは、それぞれ見たいモノが違うでしょうからと、1時間フリータイム開始!

07117_2.jpg

物欲が湧かないように、試乗は自重。
じゃあどうしようということで、まずは、シマノユーザーなのにカンパのブースへ。
受付をしているKinuyoさんにご挨拶をしに行きました。

続いて、プロロード選手のマシンを見てまわりました。

07117_3.jpg

フレイレのコルナゴ、

07117_4.jpg

コンタドールのTREK、

07117_5.jpg

リッコのSCOTT、

07117_6.jpg

野寺選手のKOGA、

07117_7.jpg

田代選手のANCHORなどなど・・・。

kinuyoさんにレースマシンにと、どちらも大変目の保養になりました。

さて、1時間のフリータイム終了のはずが・・・サクラママさんからのメールが飛んでくる。
試乗しまくりで集合なんて知ったこっちゃないって感じの興奮状態?(笑)

ちょうど、mieさんも現地到着。
ロード購入に意欲満々で早速ANCHOR RFX8 Equipe Wを試乗のようです。

その後mieさん、airu72さん、はやぽんぱぱさんでブラついていると、akioさん発見。

何でも、彼はトルクレンチが欲しいらしい・・・何もサイクルモードで・・・とは思いながら、各ブースを見てまわります。
去年は売っていたそうなんですが、今回は売ってないみたいです(笑)。

途中、富士チャレに一緒に参加したGURIさんが、お手ごろ価格のロードを試乗してきたところに出くわします。
“高いのばかり乗ってたら、何だか訳わからん・・・安いの乗ってリセットしました”だそうです(笑)。
彼も、次期マシン購入に向けてチェック中です。
さて、何を買うのでしょう・・・。

mieさんは赤いロードをご所望のようなのですが、なかなか女性用ロードは数が少なく且つお好みの色やデザインがない様子・・・ANCHORあたりで、カラーオーダーしたらと思ったら、女性用だとオーダー出来ないみたいですね・・・悩みどころですなぁ。

自走&場内3周強で時間は6時・・・疲れた・・・腹減った・・・ということで、場内のカフェエリアで、休憩です。

やっと来ました、うぃるぱぱさん、サクラママさん。
彼らのご友人も交えてしばし歓談。

そこにzukiさん到着。
出掛けにイクスピアリに寄って買ってきたMAXコーヒー(500ml)を進呈です。

MAXコーヒーとかけてzukiさんの結婚と解く・・・その心は、“甘すぎ~!”ということで(笑)。
いつまでも、お幸せに!

ここからが、個人的にはサプライズなんです。

ブリヂストンのブースで、女性陣が説明を受けています。
説明している人は・・・あっ!田代選手じゃないですか!!
mieさんもサクラママさんも知らないのかな?(2001・2004年の日本チャンプですぞ)

ぐるっと場内を見てきたロード選手匂いフェチ(笑)のzukiさんが戻ってきた。
“あっ!田代選手!”
目ざといです、さすがです。
ということで、私もお話を伺いに・・・。

田代選手は先日の富士チャレでペーサーとしても走っていて、それを間近に見て、ペダリングの美しさに惚れた私にとっては“神さま的存在”です。

そんな話をちょろっとして、しっかり2ショット!

\(^o^)/ワーイ写真撮ったぁ(名カメラマン・サクラママさん、ありがとう!)・・・でもね・・・太いのよ・・・彼とほとんど背丈は同じなのに、バイク2台分以上重いからなぁ・・・痩せないと・・・(;´д`)トホホ。

お礼を言って別れると、うしろでzukiさんが再び嗅覚を生かしたナイスゲットをしていました。

何と、新城選手!
現日本ロードレースチャンピオンですね。
“w(゜o゜)w オオー!ユッキー!”(ってオヤジの口にするリアクションじゃないよ orz)
私もzukiさんも後援会に入って応援してるくらいですから興奮しまくりです。
来年も頑張って!と握手。

田代選手にしろ、新城選手にしろ、この体のどこにあの過酷なロードレースに耐えられる力があるのかと思えるほど儚げに細い・・・。
すっげぇなぁ~!

といった感じでミーハーしまくりで力尽き、ノロノロと自走で帰路についたのでした。。。
あ~、体重減らした~い。

Posted by IGA - 2007.10.30,Tue

レースはDNFでしたが、自分なりに納得の結果ではありますので、その辺の愚痴はこのくらいに・・・。

さて、当日ですが、339のメンバーも多数参戦とのことで、そちらのピットに顔を出しました。
見慣れた仲間もいれば、お初の方もおり、和気藹々とやっているのが楽しそうでした。

レース中は、アンカーの田代選手(今年で引退だそうで、お疲れさまでした)をしばらく観察。
そのペダリングの美しさに惚れ惚れしてしまいました。
それに、サドル高もそれ程高くなく、膝に余裕がありました。
回すペダリングを考えると、自分のサドルは高くセットし過ぎかもと反省。

Cycle Style Cafe系では、yassyさんが来てくれました。
カッコいいんだわ、これが。
でもって、実は4時間耐久男子で優勝をしているのに、言わないの(笑)。
記念に写真を撮りたかったぞ。

Kinuyoさんもいましたね。
言わずもがなではありますが、美しい方でした。
ビデオ撮りしてた(funrideの撮影かな?)後を、ボケーッと歩いている小太りがいたら、私です(・・;)。

mixi系では、あくあさん
100kmをなかなかの成績で完走されたようで、すばらしい!
後で撤収時にも声をかけていただきました。
ご主人ともども、お疲れさまでした。

場内をブラブラしていると、福島晋一選手がおりました。
実はエキップアサダのリストバンドを持ってくるのを忘れていまして(願掛けができず、新城選手のジャパンカップ優勝はならず・・・)、気後れして声をかけられなかったなぁ。
でも生お兄ちゃんが見れたから良し!

また、来年まで富士チャレを目標にがんばろうっと!

次は・・・冬眠したいところだけど、ボチボチ走りながら、5月の佐渡ロングライドまでに、体重を5kg落とそう・・・(・・;) ← 富士の200より厳しいって? 余計なお世話でございます。

Posted by IGA - 2007.10.29,Mon

前日は雨の中、山中湖畔に宿を取り翌日に備えた。

当日は快晴。
絶好のレース日和。

試走をすると、路面も完璧で走りやすい。

本番では、7分台後半から8分台前半をキープしながら順調に進む。
心拍アベレージも150台前半、最大心拍も170までいくこともなく無理のないペースだった。

071028.jpg

周回数22周、半分を経過した段階で、少なくとも完走は出来るのではと思えた。
しかし、心肺機能には無理がなくても、脚は無理がかかっていたようだ。

左ヒザ下に痛みが走る。
それをごまかすように、上りではダンシングを入れて一気に行ってしまおうと試みるが、多分10周回ほどが限界だろうと感じた。

佐渡のロングライドでも、後半ヒザを痛めたにもかかわらず走りぬいたが、そのヒザ痛が帰宅後悪化し2ヶ月ほどペダリングが出来なくなったことを思い出す。

無理に行くことを断念した。

練習方法が悪かったとか、バイクのセッティングの問題、モチベーションが高すぎて無理をしたことは間違いない。

補給に関しても、無補給を想定して、ボトルを含めて重装備だったことも堪えたかもしれない。
ピットに何回か補給に入る方法を選ぶべきだったようだ。

最後に記念にと3周回ほど、流して走ってみた。
強度が低ければ、ヒザはそれほど痛くない。

富士山がきれいだなぁと眺めながら、来年はどうしようかとぼんやりと考えた。

我々のメンバーでは、私ともう1名がDNF。
2名は完走。

その2名ですら、普段は非常に強い連中だ。
その彼らも、ぐったりしていたり、脚をだいぶ酷使したようで帰りには脚を引きずっている。

なんだか同じところをクルクル回るばかり、修行のようで過酷だが引きつけられるイベント、富士チャレンジ200。

一夜明けて、悔しさが沸いてくる。
元々、自分のサイクリストとしての実力ってどんなもんなんだろうと確認したくて参加をしたイベント。
上りは苦手だという意識があったが、抜かれもしたけど抜きもした。

メールで届けられていたレース経過によると、スタート後100人近くは抜いていたようだ。
300番台はキープしていたようで、褒められるほどではないが自分で感じていたほど抜かれていたわけではなく、抜いていたことが不思議。

気持ち的にも切れて、ヒザを理由にやめてしまっただけだ。

そんな自分の弱さも感じつつ、また来年、鍛え直して富士に行く。

また富士で会いましょう!

Posted by IGA - 2007.10.29,Mon

とりあえず、結果だけをご報告です。

周回数:26周にて、ヒザ痛に耐え切れずDNFとなりました。
その後、記念にと3周ほど、ペースを落として走り、THE END。

練習不足(強度的な点)を痛感した結果となりました。

詳細は後ほど・・・。

一日明けて、すでに来年に向けてのリベンジの気持ちが沸々と沸いております。

Posted by IGA - 2007.10.16,Tue

うーん、本当に走るんだなぁ~って感じです。

46c79056jpeg

2530、(^ー^)ノ ヨロシク 。

Posted by IGA - 2007.07.01,Sun

My RUNNET でエントリーが開始されました。

早速、ソロ200で申し込み。
うーん(・・;)、後戻りできないって感じですか?(笑)
チーム名は、“チームどんだけ~!”です。
この名前で登録すれば、同じピットを割り当てられるので、ご一緒される方はよろしく。

それと各種連絡にmixiが個別にメッセージも送れるので便利です。
今回だと、富士チャレ参加組(現在のメンバー:hazeさん・やすきちさん・しんさん・おるべーさん・GURIさん)の中で、おるべーさんとGURIさんがmixiで連絡がとれません。
ぜひ、この機会にmixiへ。

私のmixiはこちら>>>http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5233154

mixiは招待されないと参加できないので、初めてなら招待しますのでメールをください。
メールはプロフィール内“メールはこちら”から送れます。

もちろん、来るものは拒まずの姿勢ですので、その他の方もマイミク申し込み大歓迎!ということで。

Posted by IGA - 2007.06.24,Sun

0623_2.jpg

競輪場なんて滅多に走れるものじゃないので参加しました。
かもねぎさん、hazeさん、Oさん、私。

0623_4.jpg

選手の通用門から入場。

0623_5.jpg

内側から見ることはないので興味津々。

バンクは思ったよりも“壁”って感じではないですね。
それを有効に使うのは無理なんですが、怖くはなかったです。

0623_3.jpg

タイム計測をするために、自由に走れるという感じではなくジャンルが違うという印象。
100km~200kmを臨機応変に走り切るロードと短距離スプリントのピスト。
バンクはピストさんのフィールドだなぁと・・・同じところをクルクル回っているとすぐに飽きてしまう(笑)。

そんなことを思いながら30kmほどは走ったでしょうか。
集団について走れば、40km/h超でも走れます。
単独だと35km/hくらいでかなりいっぱいいっぱい。

富士チャレを想定すると、どうしたって自分に合った列車を見つけることなのかなぁと感じます。
単独でのタイム測定にはそれほど興味がなかったのでやりませんでした。

いい体験をさせてもらいました。

走り足りないウズウズ感とロードとは違う疲労感あり。
ちょっと夜走りもしました。

Posted by IGA - 2007.06.10,Sun

佐渡ロングライドがアップダウンの耐久系だとすれば、高速走行系は?・・・

昨日はhazeさんとも話題にした富士チャレンジ200!

10月に開催されるこいつなんてどうだろうか?

これにヒルクライム系を加えて、年3回のイベント参加っていうのがいいかなぁ・・・などと思っています。

Posted by IGA - 2007.05.21,Mon

前日入り - 出走 - 即帰宅 という走るためだけに行ってきました(笑)・・・トキもたらい舟もありません。

前日の午前5時集合。
今回は、大王の皆さんにコバンザメのようにくっついての参加です。
夕方到着後、エントリーを済ませ宿へ。
海鮮三昧の夕食です。
外はというと・・・雨&強風・・・。
食事時も、明日の天気が気になります。

さあ、当日。
祈りもむなしく、小雨が続いています。

最高気温も12.8度と例年をかなり下回る寒さ、レインウェアを着ていてもジッとしていると寒さが染み込んで来ます・・・。
途中、陽が射す時もありましたが、基本は雨の1日となってしまいました。

sado_1.jpg

6時スタート。
12名ほどで5秒間隔にスタートしていきます。

イベントであってレースではないのですが、帰りのバスの関係もあって、12時間かけてのんびり走るという感じではありません。
目標は8時間台。

全工程中AS(エイドステーション・・・休憩所ですね)が7箇所設けられていましたが、70キロごと2回休憩で走りきろうと計画していました。
40キロほどは集団で走ることも多く、混ぜてもらったり引いたりしながら進みます。

sado_2.jpg

前半の山場、Z坂。
見た感じがそのまま名前になっている名物です。
Max11%、高度140m。
Zというから、2度の折り返しで終わりなのかと思ったらそうではなかった(笑)。

さらに休むまもなく大野亀坂(Max10%)が待ち構えておりました・・・。

それを上りきると72キロ地点・はじき野ASで小休止。

137キロ地点・松ヶ崎ASまでは小さな上り下りはありますが平坦基調。
順調に進んでいきます。

雨の中声援を送る佐渡の皆さんの暖かさに、何だかすごく感動してしまって、涙が出てきます。
手を上げたり、“ありがとう!”と言ったり大忙しです。
ルート上で我々を迎えるスタッフも、大変だと思います。
“ご苦労さま!”とこちらにも声をかけるようにしました。

ここまでで平均速度は25.7km/hでまずまず。

休憩後も快調のはずが・・・残り60キロ地点で、後輪が弾けました・・・。
パンッと破裂音をさせて、パンク・・・と思いきや、バルブが折れている・・・。
思うに、輪行時に収納の仕方が悪く、バルブ付近に力が加わっていたのではないかと思います。

この段階で時刻は12時20分。

sado_4.jpg

雨の中のパンク修理は凹みます。
ちょうど近くに農家の納屋があって、そこで修理開始。
チューブラーなので、手が真っ黒・・・さらに凹む・・・。

走り去る参加者の何名かに“パンク?大丈夫?”
と声をかけてもらうものの、モチベーションも下がり気味です。

結局、そこで雨をしのげることもあって30分ほど修理&休憩をしてしまいました。

時計は1時3分前・・・8時間台は3時を切らないといけませんが、残り60キロ。
荒川の平坦路ではないので難しいですね。

その後、162キロ地点・小木ASでも休憩。
だいぶまったりモード気味(笑)。

Max11%・Max15%の坂を越え、180キロ地点・素浜ASでいっしょに参加しているhazeさん発見。
なんでも走り始めて30キロ地点でパンクしたそうで、先日の東京センチュリーでもパンクしまくりの彼、さすがパンク大魔王ですなぁ(笑)。
しかもイベント以外ではパンクしないっていうんだから大したものです。

さあ後半の山場登場。
グーンと下って、右折すると嫌になるほど長い坂が待っています。
Max7%で斜度はそれほど激坂ではないのですが、ここまで180キロ以上を走ってきての高度140m休みなしの長い坂はキツイ。

もう少しです!
この先に坂はないよ!

とスタッフの方に声をかけられましたが、彼らはうそつきです(笑)。

だってその先にMax7%・高度100mの坂がもう1本あったんだから・・・。

さあ、195キロ地点からは一気に70km/hで下りきります。
上りを頑張った“ごほうび”ですね。
気持ちいい!

ゴールしたのは、3時30分台。
8時間台は駄目でした。
30分ほどオーバーです。

パンクがなければモチベーションも落ちずに走れたとは思いますが、これが現実。
タイムを争う競技ではなくサイクルイベントですから、自分的には納得の結果です。

来年は、8時間を切るつもりで体重減&トレーニングをして参加したいと思います。
ごいっしょさせてもらった大王の皆さん、お疲れさまでした。

そして何より、沿道で雨の中“がんばれ~!”と声援を送ってくれた佐渡の皆さん、寒い中誘導されていたスタッフの皆さん、悪天候にめげず走り抜いたサイクリストの皆さん、ありがとうございました!

sado_5.jpg

ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム-

-降水短時間予報-
プロフィール

♂・東京下町在住のIGAです。

荒川・江戸川CRに出没中。
愛車はANCHOR '07 RHM9。

ホノルルセンチュリーライドに出たい!

好きな音楽は、ロックとクラシック。
ロックならプログレ、クラシックならオペラ。

SNS系もやっています。
CycleStyle Cafe
Mixi
イベント
富士チャレンジ200 2007/10/28(日)開催
ホノルルセンチュリーライド 2008/9/28(日)開催
最新コメント
[07/23 ななし]
[12/03 魔いぬ]
[01/11 rose]
[12/28 やじ]
[12/27 及原ムメイ]
バーコード
忍者ブログ [PR]