忍者ブログ
ANCHOR RHM9 バナナ号が愛車。ホノルルセンチュリーライドを走りたいなぁ~。来年は行くぞ!
[262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252
Posted by - 2017.05.24,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by IGA - 2007.07.04,Wed

the_bee.jpg

7/3は、三軒茶屋 シアタートラム でNODA MAP 特別公演『THE BEE:日本語バージョン』を観る。

原作は筒井康隆「毟りあい」。『メタモルフォセス群島』に収められていた短編だ。
今、本屋に行くと『メタモルフォセス群島』という名の短編集は消え、『傾いた世界 自選ドタバタ傑作集2』(新潮文庫)に収められている。

筒井康隆は、私が卒論に選び(当時、『虚人たち』が泉鏡花賞に選ばれたくらいで、大学での“文学”として認められるはずもなく、いわんや卒論の対象として認められるような存在ではなかった)、それが原因で教授と言い合いになり、口論の末の暴行というすばらしいレールに乗り(・・;)大学を中退させられた思い出深い愛すべき作家だ。
野田秀樹の芝居も、大学の講義よりも数倍大事なものであったのは言うまでもない。

芝居の内容はほぼこの原作通り。

1970年代の東京。 平凡なサラリーマン・イドは、息子の誕生プレゼントを手に家路を急いでいた。
自宅に近づくと、警官たちが非常線を張り、マスコミのリポーターたちが押し寄せている。
聞けば、脱獄犯・オゴロが民家に押し入り、女と子供を人質にして立てこもっているらしい。
「どこの家だ?」と思った途端、リポーターたちがマイク片手にイドを取り囲んだ。

リポーター 「イドさんですか? イドさんですか? 今のお気持ちは?!」

マスコミからは苦悩する犠牲者の姿を演じることを求められ、頼るべき警察は高圧的で無能な連中・・・。
ある瞬間から、被害者であるイドは、残虐な加害者へと姿を変え、常軌を逸した行動へとひた走る。 
そして、報復の連鎖の行き着く果てにあるものは・・・・・? 

緊張感のある70分。
被害者から加害者への変貌は確たる理由もなく行われ(筒井的ではあるのだが)、そのエスカレートしていく過程と警察やマスコミからも見放され(飽きられ)真の狂気への一線を越えるラストは怖い。

ハチは何故刺すのだろう・・・理由もなく生産性のない行為に見えるハチの一刺し・・・。

良いタイトルだ。

オリジナルのロンドンバージョンとは異なり、日本人的な陰湿で閉鎖的な空間を“紙”で表現する舞台装置とキャスティングをよりリアルにしている点で、かなり毒が強く、一緒に行った妻などは、上演後泣いていたくらいだ。

最近の野田秀樹は、言葉遊びのオブラートで包んでしまって、よく分からないけど快感や感動を与えて気持ちよくお客様に帰ってもらいましょうという生易しさが消えた。

救いがない悪夢・・・本のようにサラッと読んで終わらせないよ・・・劇場版「毟りあい」は気をつけた方がいい・・・後を引くからね。

来週はロンドンバージョンを観に行く。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム-

-降水短時間予報-
プロフィール

♂・東京下町在住のIGAです。

荒川・江戸川CRに出没中。
愛車はANCHOR '07 RHM9。

ホノルルセンチュリーライドに出たい!

好きな音楽は、ロックとクラシック。
ロックならプログレ、クラシックならオペラ。

SNS系もやっています。
CycleStyle Cafe
Mixi
イベント
富士チャレンジ200 2007/10/28(日)開催
ホノルルセンチュリーライド 2008/9/28(日)開催
最新コメント
[07/23 ななし]
[12/03 魔いぬ]
[01/11 rose]
[12/28 やじ]
[12/27 及原ムメイ]
バーコード
忍者ブログ [PR]